スポンサーリンク

コロナで学校に行けない子供達の学習はどうなる?

未分類

現在、コロナウィルスの為に休校状態にある学校。このままいくとどんどん勉強が遅れていってしまいます。

子供達の為にどうするのか大人達が色々と議論をしています。

スポンサーリンク

9月入学制

最近、話題の9月入学制。これまで4月に入学しているのをみんな一斉に9月にしようという案です。

東京都の小池知事、大阪府の吉村知事などがこの案を支持しています。

メリット

留学がしやすい

海外の学校の多くは9月入学です。

日本とアメリカの年間スケジュールを比較してみました。

日本と海外の年間スケジュール比較
  • (日本)      (アメリカ)

  • 4月
    入学       2学期

  • 5月
    1学期       卒業

  • 6月
    1学期      夏休み
  • 7月
    1学期・夏休み  夏休み

  • 8月
    夏休み      夏休み
  • 9月
    2学期      入学
  • 10月
    2学期      1学期
  • 11月
    2学期      1学期
  • 12月
    2学期・冬休み  1学期・冬休み
  • 1月
    冬休み・3学期  冬休み・2学期
  • 2月
    3学期      2学期
  • 3月
    卒業       2学期

大体こんな感じだと思います。もちろん違う学校もあります。

入学を9月に揃えれば留学がしやすいです。

8月に汗だくで卒業式したくないと思っている人もいるかと思いますが、アメリカのように涼しい時期に卒業式をやれば問題ありません。

学習の足並みが揃う

みんなコロナで学習できてないから一緒だと思うかもしれませんが、私立学校はオンライン授業でどんどん先に進んでいます。

コロナが長引けば長引くほど学習に差が出てしまいます。これまでよりも顕著に学力に貧富の差が出てしまいます。

入学試験のトラブル

これまで入学試験の時期は冬。センター試験の日に雪が降って遅れたりするニュースを

見た人は多いと思います。入学試験を冬にやらなければ雪の影響もありません。

デメリット

入学試験の時期

7月、8月の暑い時期に入学試験をするのは大変です。これまでの入試時期に合わせて勉強している学生や学校に混乱が生じるという意見もあります。

10代以下の若者も制度変更による不安から反対する人が多いようです。

10代の学生から集まる「9月入学」反対の声(室橋祐貴) - Yahoo!ニュース
「9月入学」の議論が急に盛り上がってきたが、当事者である10代の学生からは反対の声が集まってきている。

しかし、アメリカ式の年間スケジュールに移行すれば真夏の入試は回避出来ると思います。

試験に関しても全員制度変更で混乱するのは一緒、頑張った人が合格するのはこれまでと一緒だと思います。

社会人になるのが半年遅れる

家計の苦しい家庭では子供が社会人になるのが半年遅れるのは金銭的に厳しいという意見です。企業も採用時期を見直す必要があるので負担増になります。

公務員試験なども9月入社を見越した時期に変更する必要が出てきます。

会計年度

4月から3月までを会計年度とする日本では色々な問題が出てきます。

私立学校は入学金がこれまで会計年度の終わりに入ってきていました。それを元に施設の建て替えや、備品の購入など年間の計画を立てていました。

9月入学になるとまだ入ってきていないお金を予想して計画を立てることになってしまいます。

会計年度自体を変えるとなると日本経済全てを変えることになってしまいます。

文学など

卒業の歌といえば桜など春のフレーズが入ることが多いですが、9月入学に変わるとそれらの歌のイメージが変わってしまいます。名曲だったものがもう歌われなくなる可能性があります。

卒業の場面がある小説や文学作品のイメージも変わることになります。俳句では卒業、卒業式は春の季語です。これらの俳句もイメージが変わることになってしまいます。

まとめると

10代の若い子は9月入学は反対が多いです。

知事さん達は意見が別れているけど都知事、大阪府知事が賛成ということもあり賛成派の方が発言力がありそうです。

政治家も意見が別れているけど、現時点では政府は9月入学のことは全く考えていない気がします。

はにお
はにお

9月に変更する良い機会な気もするけど、大変な作業になるんだろうなぁ。

オンライン学習

政府は9月入学よりもオンライン学習を進めたいみたいです。

GIGAスクール構想

コロナ前から『GIGAスクール構想』という児童1人に1台の端末を持たせる構想が進んでいました。2023年に完全実現する予定でした。

コロナ前に3人に1台端末があったのを、計画を前倒しして進めていこうとしています。

Wi-Fi環境の無い家庭はどうする?

Wi-Fi環境の無い家庭でスマホやタブレットでの学習は通信料の負担が大きいです。4月7日の記者質問に対する文部科学大臣の回答によると

大手キャリア3社にお願いをしまして、例えば、スマートフォンのギガ数を一定程度増やしていただくお願いをさせていただきました。3社とも大変なご協力をいただいて、当面、夏までの間、50ギガを25才以下の皆さんについては開放していただくということでご了解をいただいておりますので、パソコン、タブレット、そしてこれ誤解があっちゃいけないんですけど、小学生などにスマホを買ってくれということじゃなくて、親御さんが仕事から帰ってきて、そのスマホをお子さんに貸すことによって、夜の時間にですね、例えばビデオオンデマンドでの授業が受けられると、(以下略)

萩生田文部科学大臣回答より

要するにスマホの容量50ギガ開放するので、それを使ってオンライン学習して欲しいということです。

子供のスマホが無い家庭は子供用スマホを買えということではなく、仕事から帰った親がスマホを子供に貸してあげてということです。

端末の無い家庭は?

親がスマホ持っていれば貸してあげれば良いのですが、親も持っていない、仕事に使うので貸せない、こんな家庭もあると思います。

そんな家庭は学校に申し出て学校にある端末を貸し出して貰って下さい。各教育委員会への通達は行っているので学校にも通達が行ってると思います。

文部科学省が貸すように言っているのに貸さないとは言えないはずです。

分散登校

受験を控える小学6年生、中学3年生、高校3年生と、対面での学習をする必要のある小学1年生を優先的に学習させる仕組みです。

文部科学省が5月1日に教育委員会に出した通知によると、工夫をして分散登校させるように書かれています。文部科学省が出した分散登校の工夫例は3種類。

学年で分けるパターン

小学1年生家庭学習登校日家庭学習登校日家庭学習
小学2年生登校日家庭学習家庭学習家庭学習家庭学習
小学3年生家庭学習登校日家庭学習家庭学習家庭学習
小学4年生家庭学習家庭学習登校日家庭学習家庭学習
小学5年生家庭学習家庭学習家庭学習登校日家庭学習
小学6年生登校日家庭学習登校日家庭学習登校日
はにお
はにお

2~5年生は週1回しか登校日が無い。

学級を2つのグループに分けるパターン

学級をAグループ、Bグループに分けて午前中、午後に分けるパターン。


(Aグループ)

(Bグループ)

(Aグループ)

(Bグループ)
登校家庭学習家庭学習登校
午前授業家庭学習家庭学習授業
昼食家庭学習家庭学習昼食
下校登校登校下校
家庭学習昼食昼食家庭学習
午後家庭学習授業授業家庭学習
家庭学習下校下校家庭学習

文部科学省の資料だとAグループが昼食食べている時にBグループが登校してくることになっていたけど、実際は少し時間をずらすと思うのでずらして表にしました。

クラスごとに登校日を分けるパターン

学級をAグループ、Bグループに分けて違う教室で授業を受けるパターン。

1組(A)1組の教室で授業家庭学習1組の教室で授業家庭学習1組の教室で授業
1組(B)2組の教室で授業家庭学習2組の教室で授業家庭学習2組の教室で授業
2組(A)家庭学習1組の教室で授業家庭学習1組の教室で授業家庭学習
2組(B)家庭学習2組の教室で授業家庭学習2組の教室で授業家庭学習
3組(A)3組の教室で授業家庭学習3組の教室で授業家庭学習3組の教室で授業
3組(B)組の教室で授業家庭学習4組の教室で授業家庭学習4組の教室で授業
4組(A)家庭学習3組の教室で授業家庭学習3組の教室で授業家庭学習
4組(B)家庭学習4組の教室で授業家庭学習4組の教室で授業家庭学習
はにお
はにお

1日おきの登校だから登校日を忘れなくて良いかも。

この3パターンを軸に各学校で話し合って決めることになりそうです。連休明けには登校するように言われるかもしれないので用意しておきましょう。

給食

これまでの学校給食は品数豊富だったと思いますが、感染防止のために品数を減らし配膳中の感染リスクを減らすように通知がいっています。

配膳を必要としない弁当容器での給食。それらが無理ならパンと牛乳だけの簡易な給食にするようにとのことです。

この辺は各学校との話合いでより良いやり方を選んであげたいです。

最後に

この時代に生まれた子供達にはコロナのせいで不自由な思いをさせてしまっています。学校に行きたいのに行けない子も多いと思います。

連休明けには都市部以外は分散登校が始まるのではないかと思うので子供に学校の用意をさせておきましょう。

学習が遅れるのも駄目ですが、コロナの感染が広がるのが一番良くありません。感染を防ぎつつ子供の学習する機会を守るようにして欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました