スポンサーリンク

前澤友作さんのお年玉企画。パワーアップして〇〇億円に!

お得情報

元ZOZOの社長で剛力彩芽ちゃんの元カレの前澤友作さん。2019年もやったお年玉企画が2020年も開催されます。

2019年は総額1億円だったのが2020年は総額〇〇億円にパワーアップするようです。

12月31の正午に更新されたTwitterからお年玉企画の開始は1月1日に変わると同時に始まるようです。

スポンサーリンク

2019年お年玉企画

2019年に行われたお年玉企画の内容は100万円を100人にあげちゃうというものでした。総額で1億円の大企画です。

応募方法は前澤友作さんをフォローしてリツイートするだけ」だったのでずか実際は応募の動機によって選んだようです。なので、ただリツイートしただけの人、「ギャンブルに使うのでお金欲しい」「生活が苦しいのでお金欲しい」とリツイートした人は選ばれなかったようです。

フォローしてリツイートするだけと言っていたのに話が違うと怒っていた人もいました。企画終了後フォローを解除する人がかなりいたそうです。

確率はどのくらい?

2019年に行われたお年玉企画のリツイート数が560万くらいだったようです。560万人から100人選ばれたので確率は約5万6千分の1です。

参考
  • 年末ジャンボ宝くじの100万円当選確率 20万分の1
  • サッカーくじBIG2等(約200万円) 約17万分の1
  • BIG mini 1等(約100万円) 約2万分の1

宝くじ買うよりは確率高そうですね。

2020年も100万円なのか?

2019年のツイートを見ると1000万円10人の方が良いと言っている人もいます。しかし、100万円には意味があって年間110万円までは贈与税がかからないから100万円にしているのだと思います。

1人10万円だと振込手数料と手間がかかってしまいます。特に言ってないのですが2019年も振込手数料は前澤さんが払っているはずです。

そんな訳で2020年も100万円×○○人となるのではないかと思います。

当てるにはどうする?

まず2019年に100万を貰えた人を見ていきましょう。

こんな感じの夢のある企画や社会問題がテーマの企画などは選ばれる確率が高くなると思われます。

はにお
はにお

はにおみたいな夢の無い人間は当たらないよ(笑)

100万円企画に巻き込まれたくない人はどうする?

お年玉企画に参加しないし別に興味も無いけどTwitterはやっているという人。やってないけどTwitterのタイムラインにお年玉企画のツイートが流れてくると思います。

もし、それを不快に思うのならキーワードのミュート機能を使うことをオススメします。

詳しい使い方は下記Twitterヘルプセンターのページに書かれています。

ミュートの詳細設定オプションを使用する方法
ミュートは、ホームタイムライン、返信、および通知内の特定の単語、ハッシュタグ、ユーザー名、および絵文字に対して設定できます。その方法を説明します。

最後に

はにおは当選しないと思いますが一応参加しようと思います。「お金欲しい」では当選しないと思うので「地元の店で飲食に100万円分使ってブログて紹介」みたいなのにしようと思います。

まぁ、夢は無いな(。-`ω-)

何か選ばれそうな夢のある人はぜひ参加すると良いと思います。ダメもとでみんなも参加しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました