スポンサーリンク

スシロー匠の一皿

グルメ

スシロー大好きはにおです。スシローでは7月19日から匠の一皿というキャンペーンをやっています。匠の一皿とは異なるジャンルの4人の料理人が毎月新メニューを開発するというものです。

第一弾は中国菜エスサワダの澤田州兵シェフが3品、ブランカの吉岡哲夫シェフがスイーツを1品担当しています。

後日、匠の一皿第3弾も食べてきました。

後日、匠の一皿第2弾も食べに行きましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

赤海老とうにの紹興酒漬けにぎり

1貫150円+税です。タッチパネルにごく少量のお酒が入っているとの注意書きがありました。子供に食べさせるのは控えた方が良さそうです。早速食べてみます。

甘ーい(*´▽`*)

赤海老の甘さと紹興酒たれの味か良いバランスです。口に入れた後の鼻に抜ける紹興酒の香りも良いです。うにと赤海老が濃厚でとろっと合わさるような感じです。もう1皿食べようと思いましたがはにおは、

アルコールがダメです┐(‘~`;)┌

仕方ないので諦めて次に進みます。

よだれ鶏にぎり

2貫150円+税です。アーモンド醬が隠し味の特製だれが上に乗っています。タッチパネルに辛いと書かれています。見た目が美しくありませんが食べてみます。

美味しーい(^^♪

上の特製たれがかなり美味しいです。辛さは全然大したことありません。これだけ美味しくて2貫ならば食べる価値ありです。

上の長ネギはカイワレ大根の方が合いそうな気がしました。2種類のネギが崩れて見栄えが悪くなっているし。

本格担々麺

1杯380円+税です。これも辛いと書かれていました。出てきたものは見本の写真とはかなり違います。見た感じ量も少ない気がします。汁なしとは書かれていませんが汁なし担々麺です。本場四川省の担々麺は汁なしなので本格担々麺は汁なしなのでしょう。味の方は

美味しい(^O^)

山椒がかなり効いています。本格担々麺なので四川省の感じなのでしょう。子供に食べさせるのはちょっと無理です。ピーナッツは粗目に砕かれています。個人的には細かく刻んでいるのが好きです。

味はなかなかですが量が少ないのでコスパ的にはいまいちです。

琉球パフェ

1個300円+税です。右回りでちんすこう、サーターアンダギー、ピーナッツ菓子、冷凍パイナップルが乗っています。中心にココナッツアイス、下に紫芋のアイスです。温かいサーターアンダギーが乗っているらしいのでこれから食べてみます。

冷たい(´・ω・`)

温かくするとアイスが溶けるからバイトが勝手にやっているのかな?吉岡シェフは溶けたアイスと周りのお菓子との調和を考えていたのだと思うけど。

サーターアンダギー、ちんすこう、ピーナッツ菓子を単品として頂きます。そしてパイナップル、

酸っぱーい(>_<)

スシローのフローズンフルーツは全部酸っぱいです。はにおはシロップ漬けがいいなー。

あとパイナップルはカチカチに凍っているので口に入れた後溶かすのに苦労します。口に入れた後出すわけにもいかないので最後に食べるのをオススメします。

最後に残ったアイスも食べます。

美味しーい(*^^*)

ココナッツ、紫芋、どちらも美味しいです。個人的にはココナッツアイスが好き。

家に帰ってネットで調べてみたらサーターアンダギーが熱すぎてアイスが溶けた状態で出てきたりもしているようです。クレーム出さないためには温かくないサーターアンダギー乗せるのが無難なのかも。

今回の4品の中ではよだれ鶏にぎりがおオススメです。他の品も美味しいのでスシローに行ったら食べてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました