スポンサーリンク

辛麺発祥の店、桝元本店は居酒屋みたいなお店でした。

枡元本店 辛麺グルメ

最近ちょっとしたブームの宮崎辛麺。はにおも以前チャルメラの宮崎辛麺を作ってみました。

そんな宮崎辛麺の発祥の店が延岡市にある桝元本店。宮崎本店とか中州本店とか名前に本店が付く店がいくつかあるけど、ここが本当の本店だと思います。

ずっと行ってみたいと思っていたので、延岡に行ったついでに行って来ました。

スポンサーリンク

場所

延岡市役所から歩いて5分位。周りにホテルが結構あるので近くに宿泊した際にはぜひ行きたいところです。

注意点としては、営業時間が19時から3時までなのでお昼や夕方に行っても入れません。

昼間に行く予定の人は、近くにも桝元が数店舗あります。他の辛麺屋さんも美味しいので延岡に来たら辛麺は外せません。

外観

枡元本店 辛麺発祥の店

19時オープンなので灯りが点いています。入口には辛麺発祥の地と書かれています。

他の枡元とは外観が全然違っていて居酒屋のような感じです。

メニュー

枡元本店メニュー

他の店と同様に辛さ、トッピング、麺の種類を選ぶ感じですね。

基本の0辛の価格が800円、5辛ごとに50円増しになります。ちょっと小さいレディースサイズは0辛が650円。

辛いのがあまり得意では無いはにおはいつもは3辛、この日は寒かったので5辛、トッピング無しです。

宮崎辛麵

枡元本店 辛麺

見た目はいつも食べている辛麺と一緒です。上の方に写っているレンゲの大きさと比較すると、なかなかのボリュームなのが分かると思います。

味の方は、

はにお
はにお

美味し〜い!

普段食べている大分の店も充分に美味しいのですが、さすが本場の味は違います。

具体的にはひき肉の香ばしさの違いを感じました。待っている間、中華鍋から小気味の良い炒める音がしていたので、よく炒められているのでしょう。

あとはひき肉にしっかり味が付いている点です。これもしっかり炒めているからなのでしょう。

麺を食べ終えたら替玉です。はにおはずっと辛麺には中華麺が一番合うと思っていたのですが、

枡元本店 辛麺

最近はこのコンニャク麺にハマっています。

元々、宮崎辛麺はコンニャク麺が基本です。コンニャク麺と言っても本物のコンニャクではなく、小麦粉と蕎麦粉が主原料の麺です。

食物繊維が豊富に含まれているらしいのでダイエットに最適で、宮崎辛麺の女性人気が高い理由の1つになっています。

あっという間に食べ終えて、帰る頃には汗だくになっていました。宮崎辛麺はニンニクやニラがたっぷり入っているせいか、同じくらいの辛さの他の食べ物より発汗量があります。

スタミナをつける料理としても良いと思います。

最後に

今回はずっと行きたかった桝元本店に行って来ました。さすが辛麺発祥の店だと味に大満足です。

辛いのが苦手な人もチェーン店には、辛さ控えめのトマト辛麺などもあるので桝元はオススメです。

寒い時期にピッタリの宮崎辛麺、近くに桝元がある人はぜひ行ってみてください。

コメント

  1. めすきーた より:

    元旦にはにおさんの記事が読めるなんて、これはきっと21年が良い年になるのでは!
    今年も楽しみにしております。

    • はにおはにお より:

      あけましておめでとうございます。
      そう言ってもらえると更新の励みになります。今年もよろしくお願いします。

  2. AKAZUKIN より:

    あけましておめでとうございます!
    久しぶりの更新ですね〜
    今年もよろしくお願い致します^^

    • はにおはにお より:

      あけましておめでとうございます。
      忙しくて更新が滞っていました。
      今年もよろしくお願いします(・∀・)

タイトルとURLをコピーしました