スポンサーリンク

冬はオールシーズンタイヤとスプレーチェーンという選択も

未分類

はにおはこれまで冬はスタッドレスタイヤ、大雪になるとチェーンを付けるというスタイルで何年も過ごしてきました。これまで事故も起こして無いので安全面では文句は無いのですが、コスパ的にはちょっと考えてしまいます。

毎年ノーマルタイヤ→スタッドレス→ノーマルタイヤで約5000円×2の約1万円が出て行ってしまいます。それを解消するためにオールシーズンタイヤ、スプレーチェーンも選択肢に入れて検討しようと思います。

スポンサーリンク

オールシーズンタイヤ

最近は使っている人も増えてきたオールシーズンタイヤ。安い物だと1本6000円くらいから購入できます。この商品も4本で26000円くらいです。

オールシーズンタイヤとはオールシーズン使えるタイヤのことです。濡れた路面や雪道でも走れますが凍った道は苦手だと言われています。

高速道路の冬用タイヤ規制に対応しているタイヤも結構あります。

スプレーチェーン

知らない人も多いと思いますが、タイヤにスプレーすると雪道でも走れるようになるというスプレーです。天然樹脂などの力でタイヤをベトベトにしてグリップ力を高める商品です。凍った路面には効果が無いと言われています。

ベトベトにするのでタイヤや足回りが汚れてしまうデメリットがあります。ベトベトが取れると効果が無くなるので数キロおきでスプレーし直す必要があります。

スタッドレスタイヤ

今さら言う必要も無いですが、冬のタイヤと言えばスタッドレスタイヤ。雪道、凍った路面も走れると言われています。

チェーン

最近では非金属のゴムやウレタンで作られたものが主流だそうです。金属は音がして乗り心地が良く無いからだと思います。

はにおの持っているのは金属チェーンです。

オートソック

最近出てきた布製のチェーン、オートソック。被せるだけなので取り付け簡単、収納場所も取らず、軽いので女性でも取り扱いやすいです。

走行実験の結果

結局どれがどのくらい止まるのか全然分かりません。そんな悩みを解決してくれる実験をJAFがやってくれています。

圧雪路、氷盤路での制動距離実験

氷盤路とは凍った路面(アイスバーン)のことです。

  1. ノーマルタイヤ
  2. スタッドレスタイヤ
  3. オールシーズンタイヤ
  4. チェーン(ノーマルタイヤ)
  5. オートソック (ノーマルタイヤ)
  6. スプレーチェーン (ノーマルタイヤ)

この6種類での実験になっています。時速40km/hでの制動距離の実験です。

圧雪路での制動距離

  1. スタッドレスタイヤ  17.3m
  2. オートソック     20.1m
  3. オールシーズンタイヤ 22.7m
  4. スプレーチェーン   24.1m
  5. チェーン       28.4m
  6. ノーマルタイヤ    29.9m

氷盤路(アイスバーン)での制動距離

  1. チェーン       59.0m
  2. スタッドレスタイヤ  78.5m
  3. オートソック     99.2m
  4. オールシーズンタイヤ 101.1m
  5. ノーマルタイヤ    105.4m
  6. スプレーチェーン   112.8m

意外なのは圧雪路ではチェーンの制動距離が長くなることですね。スタッドレスはさすがの成績です。氷盤路(アイスバーン)でスプレーチェーンを使うのは危険ですね。ノーマルタイヤよりも制動距離が長くなっています。

詳しくは下記ページで確認してください。

走れても止まれない、雪道のノーマルタイヤ(JAFユーザーテスト)
走れても止まれない、雪道のノーマルタイヤについて実験、検証をしました。JAFユーザーテストは、JAFが独自に実施しユーザーの疑問に答える実験、検証です。

目で見て確認したい人は実験の動画もあります。

走れても止まれない、雪道のノーマルタイヤ【JAFユーザーテスト】

雪道での登坂実験

平坦な道から発信して坂道を登る場合と、坂道から発信して登る場合の2種類の実験です。

平坦からの発進12%平坦からの発進20%坂道からの発進12%坂道からの発進20%
ノーマルタイヤ××××
スタッドレスタイヤ×
オールシーズンタイヤ×××
チェーン××
オートソック××
スプレーチェーン×××

結果は表の通りです。スタッドレスタイヤの凄さが分かります。ノーマルタイヤは話にもなりません。

詳しい実験結果は下記ページで確認してください。

雪道での登坂テスト(JAFユーザーテスト)
タイヤ種類別に雪道での登坂テスト(圧雪路や氷盤路で坂道を上れるか)の実験、検証をしました。JAFユーザーテストは、JAFが独自に実施しユーザーの疑問に答える実験、検証です。

これも実験の様子の動画があります。見た方が分かりやすいかもしれません。

雪道での登坂テスト【JAFユーザーテスト】

雪道での旋回実験

ノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、チェーンの4種類でカーブでの旋回実験をおこなっています。

この実験でもスタッドレスタイヤの凄さが分かります。

詳しい結果は下記ページでチェックしてください。

雪道での旋回テスト(JAFユーザーテスト)
タイヤ種類別に圧雪路で旋回テストの実験、検証をしました。JAFユーザーテストは、JAFが独自に実施しユーザーの疑問に答える実験、検証です。

この実験は動画見ないとよく分からないかもしれません。

雪道での旋回テスト【JAFユーザーテスト】

3つの実験で使っているチェーンは一般的なゴムやウレタン素材のチェーンです。金属チェーンで実験すれば結果が変わってくるかもしれません。

一般人では出来ない実験をしてくれてJAFさんに感謝です。

住んでいる地域の路面状況によって自分に合った雪対策をすると良いと思います。

結局はにおがどうするかと言うと・・・

オールシーズンタイヤに替えて大雪が降ったらタイヤチェーンをつけることにしました。

オールシーズンタイヤを購入する

やはり年に数回しか降らない雪の為に毎年1万円の出費は痛いし、保管場所がいるし。場所が無くて有料で保管している人はなおさらだと思います。そして一番の理由は

面倒臭い(`・ω・´)

色々、理由つけても結局面倒くさいんですよね。タイヤを車に積んで交換してもらう。交換している間は待機。交換が終わったら家に帰ってタイヤを降ろして片付ける。想像しただけで面倒臭いです。そんな訳でオールシーズンタイヤへ移行。

市内のタイヤを扱っている店を見て回ってオートバックスで買うことにしました。

安い物だと4本19800円のオールシーズンタイヤもありました。ダンロップのタイヤでも4本4万円代の物がありました。

タイヤ レシート オートバックス

スタッドレスタイヤからオールシーズンタイヤに移行する人への目安になればとレシートを載せてみました。

タイヤ自体が4本で26,136円ですね。謎の割引が1336円(笑)

タイヤ交換の工賃が3520円、ゴムバルブ交換が1320円。そして要らなくなったタイヤ8本の処理料金が2640円。スタッドレスタイヤ4本と元々付いてたノーマルタイヤ4本の処理料金が必要となります。

ここで気が付いたのですが「窒素ガスは無料です。安心タイヤ保証費はサービスします」と言ってたのにしっかり取られています。

はにお
はにお

こうしてオートバックスは常連のはにおを失た。

車検や車の修理なんかは結構いらないオプション料金取られたり、嘘つかれたりするのでチェックした方が良いです。今回は天下のオートバックスなのだからと信用したはにおのミスです。

最後に

オールシーズンタイヤに移行して面倒臭さから解放されたと思ったら最後にオチが待ってました(笑) 別に損はしてないんだけど嘘つかれたのでご立腹です。

車関係は壊れてない部品を勝手に交換したり、いらないオプションつけたりは本当に多いです。高い買い物だから「このくらい別に良いか」という心理につけこまれているのです。ちゃんと確認しましょう!

「ノーマルタイヤで大丈夫」なんて甘い考えは捨てて、最悪スプレーチェーンでも良いので雪道対策はしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました